酵素がもたらす体の影響(地震で見る)

酵素と言えば分解や洗剤を思い出す方も多いとは思いますが、実は、ビタミンも補酵素なので、酵素を助ける物質であります。酵素と言っても:範囲が広くて、体には、大きく影響します。分解と聞くだけで食べ物を分解して消化を助けます。消化が良いとお通じも良くなり、結果的にはダイエットになります。よくダイエット食品には、食物繊維を含ませて、お通じを良くしてダイエット食品などありますが、酵素ダイエットとは、基本的に消化を助けることになり、食物繊維をダイエットとするサプリメントなどよりは、お通じには効果があります。人には酵素補酵素含めて3000以上の酵素の種類があると言われていますが、この酵素は常に消耗されていますので、足してあげることが大切になります。基本的には基礎代謝や、循環を助けることになりますが、食事のお通じだけではなく、血液のドロドロも解消してくれる役目も酵素です。酵素が元気だと体も元気になります。酵素が、不足すると免疫の低下を招くので、病気に(風や感染症)などに発病しやすくなります。酵素が、不足することは本来、人として、自然な現象ですが、不足すると、高齢者が、便通が悪くなったりすることは、実は普通のことなのです。酵素が無くなることは、人間の循環機能の低下を示すことになります。そこで、減少した酵素をサプリメント等で補うことをアメリカなどは、盛んに行われており、サプリメント大国家となりました。国内でも、先日の熊本地震で車中泊のエコノミー症候群で、亡くられた方々にナットウキシラーゼの納豆の酵素の一種を配布しておけば、血栓もできにくいので、助かった人も多くいたと想像できます。このように、酵素は、体に大きく影響している物質です。重要なので大切にしましょう。
酵素ドリンク